白内障日帰り手術

白内障は、点眼薬や内服薬によって進行を遅らせることはできても、治癒することはありません。このため、根本的な治療をするために手術を受ける必要があります。
当院では開業以来、4,000件以上の白内障手術の実績を積んでおり、安心して治療を受けていただくことができます。

手術までの流れ

手術のお申込み

診察の結果、白内障と診断された場合、
手術のご希望を伺いし、お申込みをしていただきます。

手術についてのご説明

手術を受けていただく上での必要事項、
当日の流れや注意点などをご説明します。

検査

角膜検査や眼底検査、血液検査などを受けていただき、手術の適否を決定します。手術の際の注意点や術後の診察についてもご説明します。

ご予約

手術の日程をご相談、決定します。

術前検査

眼内レンズの度数を決定します。

手術

手術当日は、できるだけご家族が付き添ってください。

手術の内容

1.点眼麻酔

点眼薬で麻酔を行います。多少しみることはありますが、
痛みはありません。

2.角膜切開

黒目と白目の境目(耳側)を3mmほど切開します。

3.水晶体の除去

超音波を使い、濁ってしまった水晶体を取り除きます。

4.眼内レンズを挿入

水晶体を取り除いた部分に、代わりとなる
眼内レンズを挿入し、手術は完了です。

術後も、経過を観察するために、定期的な通院が必要です。

患者さまとご家族へ

術前にお待ちいただいたり、手術後安静にしていただくため、リカバリー室をご用意しています。付き添われるご家族の方の控え室としてもご利用ください。

リカバリー室

費用について

白内障手術の窓口負担分は下記のとおりです。

1割負担の場合15,000
3割負担の場合45,000
  • ※使用薬剤、保険点数変更などにより変動することがあります。
  • ※別途の衛生材料費3,100円が必要です。
  • インターネット予約受付
  • 視力回復トレーニング
  • 白内障日帰り手術
  • オルソケラトロジー
  • コンタクトレンズ・メガネ処方
  • MCレンズ
  • 中部メディカルサービス